MENU

安心と信頼の歯科医療のための
充実した設備
北長瀬駅前、BRANCH(ブランチ)岡山北長瀬にある「みつ星歯科クリニック」では、
患者さまに安心して質の高い歯科医療を受けていただくために、技術を磨くことはもちろん
院内の衛生環境を整えることや、先進の設備の導入を心がけています。

世界基準の滅菌システム

  • 院内や器具の衛生面が気になって
    不安に思う
  • 院内感染予防のため、使用する器具はもちろん、
    空気やうがいに使うお水まで清潔にしていて安心!

徹底した衛生管理

患者さまごとに診療器具を
洗浄・消毒・滅菌しています
当院では皆さまに安心して治療を受けていただくために、世界最高水準の設備を導入し、診療器具はもちろん、うがいや治療に使うお水、使い捨て器具等細部にもこだわり、衛生管理の徹底・院内感染の予防に努めています。

滅菌は全ての菌を死滅させること

ご存知ですか?
消毒・殺菌・滅菌の差
日常生活でも耳にする、「消毒・殺菌・滅菌」の違い、ご存知ですか?
消毒は、病原性の微生物の数を害のないくらいまで減らすこと。殺菌は文字通り菌を殺すことですが、対象の菌の種類や程度は定義がありません。一方、滅菌はすべての菌やウイルスを完全に死滅させ、無菌状態にすることです。みつ星歯科クリニックでは、患者さまの安心・安全のために衛生管理にこだわるからこそ、機器を”滅菌”しています。

*

世界最高水準 クラスB滅菌器
歯科医療では感染経路となりうる血液や唾液が器具に付着する治療がほとんどです。
また、使用する歯科医療機器は形が複雑なものも多く、機器の内部にも汚れや細菌が付着することも多くあります。しかし、感染症への対策は歯科医院にとって必要不可欠です。
そこで、真空状態と高圧による高温の蒸気の注入を繰り返すことで、複雑な形状の機器の内部までも滅菌が可能な機器を導入しています。
みつ星歯科クリニックでは世界最高水準の滅菌が行える「クラスB滅菌器」を導入し、患者さまにより安心・安全な治療を受けていただけるよう院内感染予防に努めています。

ONE POINT

最高基準クラスB滅菌器

世界最高基準
「クラスB」とは?
滅菌を行うオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)には、ヨーロッパで定められた3つの基準(クラス)があります。その中でもクラスBは世界で最も厳しいとされている基準で、医科と同水準を確保しています。
クラスBの滅菌器では歯科用器具の独特で複雑な形状や、滅菌パックによって包装された状態のものなど、様々な種類の器材・器具の高度な滅菌が可能です。
  • *

    高性能洗浄器
    手洗いや従来の洗浄器では落としづらかった汚れも徹底洗浄。高温による消毒や乾燥も行えることで、従来の洗浄器よりハイレベルな効果を発揮します。
  • *

    水消毒ユニット
    お水が通るチューブなどの中に常時人体に害のない0.025%の過酸化水素水を使用し、治療やうがいに使うお水なども常に衛生的に保ちます。
  • *

    ハンドピース専用
    洗浄器
    歯を削ったり磨いたりする際に使用するハンドピース専用の洗浄器で、手洗いできない複雑な内部まで洗浄・メインテナンス可能です。
  • *

    ハンドピース専用
    滅菌器
    ハンドピース専用の滅菌器で器具内部の空洞も徹底して滅菌できます。専用機器だからこそ、様々な形やサイズに適した滅菌が可能となります。
  • *

    口腔外バキューム
    治療時に飛び散る目に見えないほど細かな水や粉塵、有害な物質を強力に素早く吸引。診療空間を清潔に保つことで、空気感染も予防します。

さらに、細部へのこだわりも
惜しみません

  • *

    使用まで
    滅菌状態のまま保管
    滅菌後の器具は専用のパックで密封。無菌状態を保ったまま清潔に保管され、患者さまごとに開封しています。
  • *

    使い捨て器具の活用
    滅菌できないうがい用コップやエプロン、グローブなどは患者さまごとに使い捨てのものを使用しています。
  • *

    スタッフ全員での
    衛生管理
    器具だけでなくスタッフ全員の手洗い・うがい・消毒を徹底し、院内感染予防に高い意識を持っています。

質の高い歯科医療を受けて
いただくために

  • 手探りで必要ないところまで削られたらどうしよう、治療内容が不明瞭なまま進められるのは不安
  • 口腔内の状態を正確に把握し、
    治療方針や内容をわかりやすく説明

低被曝短時間、高精細立体撮影

セファロ付き
歯科用3DデジタルCT
従来のレントゲンは一方向からの二次元的な撮影のみで、限られた情報しか得られませんでした。歯科用CTは三次元で立体的な撮影が可能となり、顎の骨や歯根の状態、神経の位置などより詳細な情報が得られるようになります。
そのため、インプラント処置の術前診査・診断・シミュレーションをはじめ、歯周病での骨の診査、歯根の病巣や破折の状態、埋まっている親知らずの診査など、多岐にわたる高度治療・綿密な治療計画において大いに活躍します。
また、歯科で使うCTは医科用と比べて撮影部位が限られるので短時間の撮影で済み、被ばく量も抑えられるので、患者さまのお身体への負担も最小限ですみます。

ONE POINT

*

矯正治療に貢献!
セファロ撮影とは
当院の歯科用CTに備わっている「セファロ」とは、「頭部X線規格写真」と言われる一定の規格に基づいて撮影されるレントゲン写真です。
本格的な矯正歯科治療の診断には不可欠な機器で、顔の骨格、噛み合わせの状態などを調べます。また長期に渡る矯正治療において、診断時から治療中・治療後を正確に比較できる特殊な撮影方法です。
  • *

    歯科用拡大鏡
    肉眼では見つけづらい歯の小さなひび割れや凹凸、微小なむし歯などが確認でき、早期発見に貢献。歯を削る量も抑え、より丁寧な診療に役立ちます。
  • *

    位相差顕微鏡
    ご自身の目で、口腔内の細菌を生きている状態でご確認いただけます。これにより、定期メインテナンスや予防の重要性をより実感していただけます。
  • *

    カウンセリングソフト
    アニメやイラスト、検査で撮影した写真などを交え、治療計画や口腔状態をわかりやすくご説明。患者さまが理解・納得・満足できる治療のために。

なるべく痛くない治療のために

  • 歯科治療は痛くて怖いイメージがある、
    受診している時間がつらい
  • 痛みやつらさを緩和させる設備や
    落ち着ける院内

ONE POINT

*

リラックスできる環境づくり
過度な不安や緊張は、体に余分な力が入ってしまい、治療や麻酔注射をより痛く感じてしまう原因にもなります。
過去の経験から歯医者に苦手意識や恐怖心をお持ちの患者さまを始め、すべての患者さまにリラックスして治療に専念していただけるよう、優しい空間づくりや対応を心がけています。
  • *

    電動麻酔注射器
    麻酔の痛みの一因である、圧力や麻酔液の注入スピードのムラをコンピュータ制御で安定させ、痛みを軽減。手技では難しい極細針も使用します。
  • *

    表面麻酔
    麻酔注射の針が刺さるときの、ちくっとした痛みを軽減。ジェル状の薬剤を歯茎の表面に塗だけなので、痛みもなく、数分で麻酔が効いてきます。
  • *

    CO2レーザー
    虫歯や歯周病の治療・予防、知覚過敏や口内炎の治療などに活用でき、副作用もないため妊娠中の方や人工透されている方、高血圧の方にも安心です。
最先端歯科医療は高額なの?
と心配されている方へ
保険診療では国から「1点=10円」と料金が決められており、
5年前や10年前、20年前の医療設備を使っての治療費と、最新の医療設備を使っての治療費は同じです。
CT撮影や唾液検査など、ごく一部は保険適用外となりますが、必要な場合には事前にしっかりご説明するほか、
ほとんどが保険診療でご利用いただけます。
「この環境で保険診療が気軽に受けられるのですね」と喜びのお声をいただけることが私どもの喜びです。

pagetop